男性ホルモン ペニス増大サプリ

体調不良と男性ホルモンの関係

男性ホルモン値の最も高い時期というのは20代までです。それが中高年になってくることで男性ホルモン値は少しずつ少なくなっていきます。では、男性ホルモン値はどの程度減少するのか、ということを調べた研究があります。平均年齢58.8歳の男性890人を対象にした調査です。この年齢の男性を対象にしてテストステロン値の変化を調べたところ、テストステロンは加齢によって実際に減少しました。また、60歳以上であれば19%、70以上であれば28%、80歳位上であれば49%の男性が健康な若い年代の男性よりも男性ホルモン値が低い、ということが分かりました。

 

こういった研究によって分かったことは、加齢によってテストステロン値が低下するということです。また、病気をしていない健康な男性であれば年齢を重ねてもテストステロン値に変化は見られない、というものでした。そしてもうひとつ、研究を行った1987年に比べて1997年の方がテストステロン値の低下が大きくみられるのです。なぜ年代によって違いがあるのか、ということはまだはっきりは分かっていません。しかし、1つ言えることは男性ホルモン値というのは食生活や運動量などによってお大きく変化するということです。つまり、食生活や運動不足、肥満や慢性疾患が増加しているということが関係していると言われています。こういった現代人にとって大きな問題である生活習慣が男性ホルモン値にも多きく関係している可能性があるんです。

 

ペニスにも当然男性ホルモンは関係してきます。男性ホルモンが少なくなってくると勃起がしにくくなりペニスが小さくなったりします。今では、それを改善するようなペニス増大サプリメントが普及しています。バイアグラとは違い副作用がないので、安心して使用することができます。


更新履歴